HOME > 注文住宅3つの常識 > 高性能で長持ちする家

高性能で長持ちする家

高性能を追求した快適で耐久性の高い住宅

大切な家族の思い出を、長く刻む高性能住宅のイメージ
大切な家族の思い出を、長く刻む高性能住宅

デザインが自分好みでも、コストが抑えられても、夏暑く、冬は寒い住宅は駄目。
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に長く住める住まいにしたい。
そんな思いを叶えます。

高気密・高断熱の落とし穴「腐朽菌による家の傷み」

高気密・高断熱住宅が良い!とはよく言われますが、高気密・高断熱工法といって、言葉通り、断熱をして、隙間をなくすだけの工法だと思っているなら間違いです。高気密・高断熱だけでなく“計画換気”がなされていなければ、「腐朽菌」によってあっという間に家は傷んできます。

自然素材は腐りやすいのイメージ
自然素材は腐りやすい

自然素材を扱う上で、結露防止についてはよく考えないといけません。
気密と換気、その二点についてしっかりとした設計ができなければ、「健康住宅」どころか、むしろカビが蔓延した住まいになってしまうのです。

+Dhouseの 高気密・高断熱は建物を腐らせないのイメージ
+Dhouseの 高気密・高断熱は建物を腐らせない

+Dの高気密・高断熱は人工的な室内換気(計画換気)と、水分を通しにくい断熱材(発泡ポリウレタン)の使用によって高性能であり、且つ傷みにくい建物となります。

資料請求・メールでのお問い合わせはこちら

長期優良住宅に標準対応

高性能=快適+安心+エコ しかもお得のイメージ
高性能=快適+安心+エコ しかもお得

 

期優良住宅基準と+Dhouseの性能数値

+Dでは「+Dパネル」を使用することによって、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現しています。
また、10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは快適な家とは呼べないと考え、快適な住宅、エコな住宅を追求しています。
長期優良住宅基準として設けられている「省エネルギー性」で定められる、Q値とμ値で長期優良住宅基準と+Dの数値を比較してみましょう。

省エネルギー性(Q値とμ値について)

Q値:熱損失係数

建物からの熱の逃げやすさを表します。
Q値(w/m2k)が小さいほど、熱が逃げにくいので省エネ性能が高いと言えます。

μ値:夏期日射取得係数

夏期における日射の入りやすさを表します。
μ値が小さいほど、日射が入りにくく、冷房効率が高くなります。

「長期優良認定基準」を大幅に上回っています!

長期優良住宅を建てるとお得なの?

長期優良住宅を建てるとお得なの?のイメージ

長期優良住宅だと税金の優遇があります。
住宅を長期に使用することで解体等で廃棄物の排出を抑制し、環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。
ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。

資料請求・メールのお問い合わせはこちら

守られているから心強い

愛おしい人や、大切なものは、いつまでもそばにいて欲しいな。のイメージ
愛おしい人や、大切なものは、いつまでもそばにいて欲しいな。

 

地震がおきても安心して暮らせる家づくり

現在、地震に対する工法は大きく分けて3つあります。揺れを伝えにくくする”免震工法”と、揺れを吸収する”制震工法”、そして、地震に負けない強い壁を取り入れた”耐震工法”です。
+Dでは、コストを抑えて高い効果が得られる、建物全体を木造モノコックという面で支えた”耐震工法”をとっています。
その理由は、建物の条件に対して制約がある免震工法や制震工法と違い、構造自体が強く耐久性もあり、しかも、コストを抑えて高い効果が得られるからです。

高耐震 高い水平力で地震に強い。
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。

愛知県大府市江端町4-13

0562-46-7184
詳しいアクセスはこちら

愛知県大府市吉川町6-57

0562-45-5785
詳しいアクセスはこちら